7月 20

7月15日、安全保障関連法案の衆議院平和安全法制特別委員会における採決を受けて、真宗大谷派宗務総長がコメントを発表しました。

「安全保障関連法案の衆議院平和安全法制特別委員会における採決を受けて」
このたびの安全保障関連法案の採決は、未来を踏みにじり、人のいのちを奪い取っていくことに直結する行為です。
このことは同時に、戦時下に生きた人々の声、無数の死者を背景に制定された日本国憲法の平和の誓いを空文化させるものです。
過去の歴史に学び、未来を開くことに逆行する安全保障関連法案の即時撤回を、「悲しみ」をもって強く求めます。
(真宗大谷派ウェブサイトより引用)

日本はこのまま戦争ができる国へと変貌してしまうのでしょうか。国民の理解も得られないまま、国民の過半数が反対する中で安全保障関連法案は強行採決されました。違憲である可能性が高いと言われる中、現政権が無理矢理にこれを推進する様は民主主義・立憲主義における政治の進め方から逸脱していると思われます。
「独裁」と言っても過言ではないこの状況に強い危惧感を覚えます。

written by 管理人 \\ tags: , , , ,

6月 01

国連の拷問禁止委員会は、慰安婦問題に関する「日本維新の会」橋下共同代表の発言を念頭に、公人らによって元慰安婦の中傷が繰り返されているなどとして日本政府に改善を求めました。 >>Yahoo!Newsより引用
大変不名誉で恥ずかしい話です。私たち一人一人は言論の自由の下、自分の意見や主張を発信することができます。ただ、この発言により人を傷つけてしまうこともあります。特に政治家など公人の場合は影響がとても大きくなります。政府は早急に対応策を検討し、日本が国際社会の中で孤立したりすることのないように行動すべきでしょう。 

written by 管理人 \\ tags: , ,

8月 09

8月9日は広島に続き長崎に原爆が投下された日です。64年前の今日、原子爆弾「ファットマン」によって約7万人以上の方々の命が奪われました。祈念式典において、麻生首相は「改めて日本が、今後も非核三原則を堅持し、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向け、国際社会の先頭に立っていくことを誓う」と述べました。64年もの月日が経つと当時の様子を語り継ぐ事が難しくなってしまいます。私たち日本国民は唯一の戦争被爆国としてこのような悲劇を繰り返さない努力をしなければなりません。そのために平和憲法を変えることなく、「平和な日本」をまた「平和な世界」を末永く後世に引き継いでいきたいと思います。

written by 管理人 \\ tags: , , , , ,

8月 06

本日8月6日(木)は広島「原爆の日」ですね。原爆投下から64年の歳月が経ちました。この世界で最初に投下された原子爆弾によって約14万人の命が失われてしまいました。私も戦争を知らない世代なのでその詳細を知るわけではありませんが、当時の資料を見ると想像を絶する悲惨さです。世界人類は二度とこのような事を繰り返してはならないと強く感じます。そのためにも平和憲法を守っていきたい。特に、憲法九条(戦争の放棄)を堅持していかなくてはならないと痛感いたします。何よりも64年間続いてきた「戦争のない日本」を変えてはいけないと思います。

written by 管理人 \\ tags: , , , , ,

Copyright© 2009 jyoudo.mx55.com All rights reserved.