3月 22

京都から北東の方向、滋賀県と京都府にまたがる比叡山の延暦寺は、伝教大師最澄によって開かれた天台宗の総本山です。平安末期から鎌倉時代はじめにかけて、法然・栄西・親鸞・道元・日蓮といった各宗派の開祖たちが比叡山で学びました。浄土真宗の開祖である親鸞聖人は9歳の時に比叡山に登り修行を始めました。29歳の時に山を下りる決心をしましたので、20年間ここで学び修行を積みました。
延暦寺へ向かう途中の琵琶湖を見下ろす景色は壮大です。現在では自動車やケーブルカーで簡単に登ることができますが、当時は険しい山道であったことでしょう。この比叡山ではお寺の行事以外にも季節ごとに多くのイベント等が開催されており、多くの参拝者でにぎわっています。境内には延暦寺会館という宿坊(ホテル)もあり宿泊が可能で、座禅や写経の体験なども可能です。京都へお越しの折には足をのばしてみてはいかがでしょうか。
アクセスは、京都駅からドライブバスで約65分、延暦寺バスセンターに到着します。この他に京阪電車出町柳駅から叡山電車・叡山ケーブル・叡山ロープウェイを乗り継いで行く方法があり、乗換えを考えなければ短時間です。また京都駅からJR湖西線とバスと坂本ケーブルを利用する方法もあり、乗り継ぎ時間を入れなければ40分程です。
公式サイトは >>こちら

written by 管理人 \\ tags: , ,

3月 21

明日3月22日(月)は春分の日ですね。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、きびしかった冬にも別れを告げ花の季節がやってまいりました。昨晩は嵐のように強風が吹き荒れ雨が降りましたが、清々しく空は青く澄んでいます。
お彼岸の行事は日本だけに見られるものらしいですが、「彼岸」とはもともと「お浄土」をあらわす仏教用語だそうです。お浄土に生まれることを願う日であることから、あらためてご先祖をしのびお念仏を唱えさせていただく日というわけなんですね。
ついつい「お墓参りの日」とばかり考えてしまいますが、そんな意味もあるんですね。どちらの寺院でも彼岸会のお勤めがありますので参拝と聞法にお出掛けください。
合掌

written by 管理人 \\ tags: ,

2月 13

正式には紫雲山頂法寺でお寺の形から「六角堂」の通称で知られています。聖徳太子によって建てられたとされています。親鸞聖人は29歳のときに比叡山を下り、この六角堂に百日間参籠され聖徳太子の示現を受けて法然上人の元へ行かれました。
いけばな発祥の地としても有名で、西国三十三所第十八番札所となっています。
アクセスは、京都市営地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩3分または阪急京都線「烏丸」駅から徒歩5分です。
公式サイトは >>こちら

written by 管理人 \\ tags: , , ,

8月 27

天台宗青蓮院門跡(てんだいしゅうしょうれんいんもんぜき)。親鸞聖人が九歳のときに得度したお寺です。第三代門主慈圓(慈鎮和尚、じちんかしょう、藤原兼実の弟)のもとで得度されました。古くから皇室と関わりが深い門跡寺院で、美しい庭園が有名です。夜間は修学旅行生を対象にした修養会(体験学習)を行っています。有名寺社や史跡が多くある東山に位置します。
アクセスは、地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩5分。または円山公園から徒歩10分知恩院のとなりです。
公式サイトは >>こちら

IMGP1758

written by 管理人 \\ tags: , , ,

8月 20

8月のお盆休みを利用して京都へお寺参りに出かけてきました。
東本願寺、西本願寺、東大谷(大谷祖廟)と周辺の寺院、比叡山などをお参りしました。このときの写真を「Gallery」のページにアップロードしましたのでどうぞご覧ください。なお、写真のタイトルや説明はまだ入っていません。徐々に入れていこうと思います。
IMGP1765

written by 管理人 \\ tags: , , , ,

Copyright© 2009 jyoudo.mx55.com All rights reserved.