1月 02

昨年は何かとお世話になりまして、ありがとうございました。
おかげさまで良き新年を迎えることができました。
本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

written by 管理人

8月 13

こんにちは。
暑い夏が続いておりますが、埼玉県では31℃くらいでしょうか。
どんよりとした曇り空です。
バタバタしてまして、準備が遅くなってしまいました。
朝、お墓参りを済ませ、やっと飾り付けが出来上がりました。
皆様も良いお盆をお過ごし下さい。

written by 管理人 \\ tags: ,

1月 02

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

おかげさまをもちまして、当ウェブサイトも開設8年目を迎えました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

2016年(平成28年) 1月2日
「親鸞に学ぶ」管理人

written by 管理人 \\ tags: , ,

8月 18

― いのちは生きる場所を失っては生きられない ―

 私たち真宗大谷派(東本願寺)は、今、まさに行われようとしている九州電力川内原子力発電所の再稼動に対して強く遺憾の意を表明いたします。
 福島第一原子力発電所事故の教訓を軽視し、他者の犠牲の上に成り立つ豊かさを享受する社会は、人間の罪への無自覚が露呈しているものといわざるをえません。
 いのちは生きる場所を失っては生きられません。原子力発電に依存し続けることは、人の関係性に分断をもたらし、いのちを支える大地を根こそぎ奪い取られてしまう危険の上に絶えず生活することを意味します。
 人のいのちが育まれる大地とは、人と人が共に生きあえる社会であります。むしろ、いま願われることは、被災された人々の悲しみに寄り添い、引き裂かれた関係性を回復していくことではないでしょうか。
 私たちは、原子力発電に依存し続けようとする人間の愚かさや核利用をめぐる無責任なあり方を、あらためて直視しなければなりません。
 真宗大谷派は、仏の真実の智慧にわが身とこの世のあり方を聞きひらく教団として、現在のみならず未来のいのちをも脅かすエネルギー政策を問い直し、一人ひとりが原子力発電に依存しない社会の実現に向けた真摯な対話を重ねていくことを強く提唱いたします。

2015年8月10日

真宗大谷派(東本願寺)宗務総長 里雄康意

(以上、真宗大谷派ウェブサイトより引用)

 福島第一原子力発電所の事故で多くの方々が住む場所を失い、また故郷に戻る事もできなくなってしまいました。安全に関する検証や万一の事故時の対策などが不十分な中で、原子力発電所の再稼働がなされてしまいました。暑さ厳しい今年の夏であっても電力需給は逼迫した状況ではありません。国民の安全を守るべき政府は、もっと国民の声に耳を傾けて慎重な判断をすべきではないでしょうか。太陽光や風力、バイオマスといった再生可能エネルギーを活用することで電力供給の安定化は実現可能なはずです。現政府が再生可能エネルギーの活用に消極的であることにも疑念を抱かざるを得ません。 
 

written by 管理人 \\ tags: ,

6月 21

 梅雨の季節、空はどんよりと厚い雲に覆われています。そう言いながらも、すぐに照り付ける日差しの夏がやってきます。盂蘭盆会(お盆)も新旧7月8月と近づいてきました。

 さて、真宗での正式なお盆の飾りつけは「切子灯篭」と言われています。一般に用いられている「盆提灯」は真宗では正式でありません。しかし、「切子灯篭」を扱っている仏具店も限られており、入手は簡単でないようです。

 この「切子灯篭」ですが、とても綺麗で眺めているととても心が落ち着きます。我が家でも初盆の時に購入し、毎年飾りつけを行っております。下記のハセガワ仏壇さんで購入可能です。納入までの日にちが若干かかるようですので、お早目に準備されると良いかと思います。なお、お東用・お西用があるのでご注意下さい。

ハセガワ仏壇 切子灯篭

written by 管理人 \\ tags: , ,

Copyright© 2009 jyoudo.mx55.com All rights reserved.